royal asscher story

語り継がれる物語

より美しく、さらなる輝きを。
ロイヤル・アッシャー社のあくなき追求

1854年、ジョセフ・アイザック・アッシャーによって創業されたロイヤル・アッシャー社。「アッシャー・カット」や「トリリアント・カット」、そして「ロイヤル・アッシャー・カット」など、数々の優れたカット技術を開発し、ダイヤモンドの美しさを追求し続けてきました。

ロイヤル・アッシャー社は創業以来、アッシャー・ファミリーによって経営されてきました。原石選びからカット、仕上げに至るまで、アッシャー・ファミリーが指揮。ダイヤモンドの輝きを追い求める情熱もまた、世代を超えて受け継がれているのです。

cullinan diamond
世界最大のダイヤモンド原石
「カリナン」とロイヤル・アッシャー社

1905年に南アフリカで発見された世界最大のダイヤモンド原石「カリナン(3,106ct)」は、1907年、英国国王・エドワードⅦ世に献上されました。エドワードⅦ世は原石のまま保管することを相談されましたが、「輝いてこそダイヤモンド」と考えるアッシャー社は、「カリナン」のカットを進言。エドワードⅦ世はその言葉に打たれ、「カリナン」のカットをアッシャー社に託しました。当時、世界一のカット職人と呼ばれていたジョセフ・アッシャーを中心とした職人たちの卓越した技によって、見事に「カリナン」のカットに成功。ここからアッシャー社のサクセス・ストーリーが始まりました。

9個の大きなダイヤモンドと複数の小さなダイヤモンドに姿を変えた「カリナン」のうち、もっとも大きな「カリナンⅠ世」は英国王室の王笏に、二番目に大きな「カリナンⅡ世」は大英帝国王冠に飾られ、今もなお、英国王室の至宝としてロンドン塔の「ジュエルハウス」に展示され、その高貴な輝きは、訪れる世界中の人々を魅了しています。

title of royal
オランダ王室から授けられた
「ロイヤル」の称号

ロイヤル・アッシャー社は、「カリナン」のカットに代表される偉業を成し遂げるとともに、ダイヤモンド業界のリーダー的役割を担ってきました。その功績と信頼に対して、1980年、オランダ王室・ユリアナ女王から「ロイヤル」の称号を授けられました。それは名実ともにダイヤモンド業界の最高峰に立ったことを意味し、まさにその時から、世界でただひとつ、「ロイヤル」の称号を授かったダイヤモンドブランドとなったのです。

さらに2011年、オランダ王室・ベアトリクス女王より再びこの称号を授与されるという栄誉を得たロイヤル・アッシャー社。ダイヤモンド業界のリーディング・カンパニーであることが、改めて世界に知られることとなりました。

golden book
ロイヤル・アッシャー社の歴史を物語る来賓者名簿
「ゴールデンブック」

ロイヤル・アッシャー社のあるアムステルダムはダイヤモンド産業が盛んで、オランダの基幹産業にもなっています。そのため、オランダを代表するダイヤモンドブランドであるロイヤル・アッシャー社には、多くのVIPが訪問されています。

ロイヤル・アッシャー社には、「ゴールデンブック」と呼ばれる来賓者名簿が大切に保管されています。これは、世界の王室や各国首脳などの国賓が、ロイヤル・アッシャー社を訪問された際にご署名いただくものです。エリザベス女王をはじめ、世界各国のVIPの名が連ねられており、「ゴールデンブック」は、ロイヤル・アッシャー社が刻んできた歴史の重さを物語る、輝かしい記録でもあるのです。