ニュース

NEWS

/

ニュース

ROYAL ASSCHER アムステルダム発、絆のダイヤモンド

 18世紀頃よりダイヤモンドの流通が隆盛を極めたオランダ、アムステルダムで160余年の歴史を持つ名門ダイヤモンドジュエラー「ロイヤル・アッシャー」。運河がゆったり流れ季節の花に囲まれたこの街の一角で、花嫁の薬指を飾る優美な輝きが育てられてゆく。

ファミリーの絆と共に育まれた
美しきダイヤモンドの歴史

 ロイヤル・アッシャーの中核を担う3人が久々に一堂に会したのはここ、オランダ本社を訪れた国賓の写真がズラリと並ぶ応接室。同社のダイヤモンドが生んだ歴史的な瞬間が垣間見られる。左から、1980年より社長を務めるエドワード、次男で副社長のマイク、NY支社で社長を務める長女のリタ。

ロイヤル・アッシャー・カットが
物語る、きらめきの伝説

ネックレス(PT×DIA4.08ct) 75,000,000円、イヤリング(PT×DIA2.08ct) 8,500,000円、エンゲージリング〈右〉(PT×センターDIA1.01ct) 2,820,000円、〈左〉(PT×センターDIA1.07ct) 3,360,000円/すべてロイヤル・アッシャー(ロイヤル・アッシャー・オブ・ジャパン)

 花嫁の洗練された美しさを引き出す「ロイヤル・アッシャー・カット」は約2年の研究期間を経て、2000年に誕生。74面が放つシャープで強い輝きが魅力である。1902年に開発され、スクエアカットの定番となった「アッシャー・カット」の進化系。

ダイヤモンドを知り尽くしてこそ
生まれたリングが、愛を深める

ダイヤモンドリング〈上から〉(PT×センターDIA0.34ct) 1,560,000円、(PT×センターDIA0.55ct) 2,300,000円、(PT×センターDIA1.05ct) 4,160,000円、PT×DIA1.07ct) 2,900,000円、(PT×センターDIA0.52ct) 1,300,000円、(PT×センターDIA2.18ct) 20,000,000円/すべてロイヤル・アッシャー(ロイヤル・アッシャー・オブ・ジャパン)

 卓越したカットと研磨の技術、独特の発想から生まれたユニークなシェイプのダイヤモンドの数々。どんなに複雑な細工があっても輝きへの妥協はない。リングをのせた木箱はかつて実際に使っていたダイヤモンドを磨くための道具。

継がれる愛の輝き、品格の系譜

 1854年の創業以来、直系ファミリーだけで6代続く「ロイヤル・アッシャー」。その輝かしいダイヤモンドと品格の系譜を辿ってみよう。

ダイヤモンドの聖地で
歴史的偉業に触れる

 アムステルダム――優雅に流れる運河の傍らに幾何学的なデザイン建築が並び、水面に揺れる光と影が美しい。忙し過ぎず、のんびりし過ぎずの心地よい時間の流れは、そぞろ歩きにうってつけだ。

夕陽に輝く風車はオランダのシンボル。

 目抜き通りから少し外れた一角には“DIAMANTSTRAAT”(ダイヤモンド通り)のサイン。聞けば、ここはかつてダイヤモンドの工房や店が軒を連ね、ダイヤモンド村が形成されていたという。

目抜き通りの東側に走る「DIAMANTSTRAAT」(ダイヤモンド通り)にはかつてダイヤモンドの工房などが軒を連ねた。

 日本ではあまり知られていないが、400年以上前からアムステルダムは世界有数の“ダイヤモンドの聖地”である。遡れば17世紀、信教の自由が認められ、組合の制約もなかったオランダに、ダイヤモンドと縁が深いユダヤ人が安住の地を求めたことに端を発する。さらに遡れば、中世ヨーロッパで迫害された彼らは、軽くて容易に携帯でき、資産価値がある宝石類を好んで所有した背景がある。

1907年に建設されたロイヤル・アッシャー本社ビルは今も健在。右の棟ではかつて500人以上もの職人が昼夜作業していた。廃墟になっていたがごく最近建て替え工事が始まった。

 そんな歴史を紐解きながらダイヤモンド通りを北に進むと、突き当たりのT字路には、頂点から村全体を見守るように、“ASSCHER”のロゴを携えたビルがそびえ立つ。1854年、アイザック・ジョセフ・アッシャーにより創業された同社は、家族経営による164年の歴史のなか、いくつもの偉業を成し遂げてきた名門ダイヤモンドジュエラーである。その功績に対し、1980年、オランダ王室から「ロイヤル」の称号を授かり、「ロイヤル・アッシャー」に改名した。

優れたダイヤモンド職人だった創業者のアイザック・ジョセフ・アッシャー。

 偉業の一つは何と言っても、世界史上最大、3106カラットのダイヤモンド原石「カリナン」のカットを成功させたことだろう。

 1905年に南アフリカの鉱山で発見されたその巨大な石は、当時、隆盛を極めていた英国国王エドワードVII世に献上され、国王はアッシャー家3代目のジョセフにカットを依頼する。彼は`02年、58面を持つ革新的なスクエアカット「アッシャー・カット」を開発、`03年には兄弟であるアブラハムとともに997カラットの原石「エクセルシオー」のカットを成功させ、“世界一のカッター”として名声を得ていたのだ。

 そして`08年、見事に「カリナン」のカットにも成功。切り出された9個の大きなダイヤモンドと96個の小さなダイヤモンドのうち、最も大きな2つは「カリナンI世」「カリナンII世」と名づけられ、英国王室の王笏と王冠に埋め込まれた。贅を極めた華麗なクラウンジュエルは、`53年、現エリザベス女王の戴冠式で披露された。

“世界一のカッター”と呼ばれたジョセフ・アッシャー。1908年、英国のエドワードVII世からの指名で世界最大、3,106ctのダイヤモンド原石「カリナン」のカットに成功。

 また、「アッシャー・カット」の洗練されたシャープな輝きは一世を風靡し、現在も多くの名門ジュエラーに流通する代表的なダイヤモンドカットの一つとなる。これは2000年にリメイクされた「ロイヤル・アッシャー・カット」の前身として、歴史に刻まれることになった。

ダイヤモンドの聖地と呼ばれるアムステルダムはまた花の街でもある。特にチューリップの美しさは格別。

世界のVIPが訪れ、ときめき、
心奪われた神秘の石

圧倒的なパワーを持つダイヤモンドの原石と完成品である華やかなエンゲージリング。リングが子どもや孫なら、原石が親のような存在。「最高のジュエリーを仕上げるには最高の原石を見極めることが大事」というのがエドワード・アッシャーの持論。
エンゲージリング〈右〉(PT×センターDIA0.54ct) 1,320,000円、〈左〉(PT×DIA) 参考商品/ともにロイヤル・アッシャー(ロイヤル・アッシャー・オブ・ジャパン)

ファミリーの強い絆で
継がれる輝きとビジネス

本社2Fの応接室にて“ゴールデンブック”に目を通す3人。回りには同社の歴史的偉業と栄華を示す資料が並ぶ。

 現社長で5代目のエドワード・アッシャー、その次男で副社長のマイク、長女のリタが集まってくれた応接室。そこには、アッシャー家のダイヤモンドに魅せられてここを訪れた国賓たちの写真が厳かに並ぶ。エリザベス女王やオランダ国王、若き日の今上天皇の姿も。

来賓者名簿“ゴールデンブック”には、オランダ公式訪問の際に同社を訪れた王室、皇室、各国首脳などのサインが。

 彼らの貴重なサインが収められた来賓者名簿“ゴールデンブック”を開きながら、父が語るエピソードに耳を傾ける娘と息子。家族の絆を感じさせながらも、軽快にビジネスの話を楽しむ姿が小気味よい。

応接室には若き日の今上天皇が訪れた時の写真も飾られている。

 「父は私の師であり、親友であり、ビジネスパートナーなんです」

 こう堂々と語るマイクは、カット・研磨の職人でもあり、宝石鑑定士の資格も有するダイヤモンドのエキスパート。ならば子どもの頃からさぞ厳しい“ダイヤモンド教育”を受けてきたのかと思いきや、「息子や娘に家業を継ぐように強制したことはありません。実際、長男は別の仕事をしていますし、長女も初めはその気がなかった」と父、エドワード。アメリカ支社長を務める長女のリタは、NYと行き来している。

 「ITの仕事に8年間従事し、とても充実していましたが、別の場所で働いて初めて、ロイヤル・アッシャーとダイヤモンドの魅力を再認識したのです」

 親子3人は、マイク曰く「1日に20回くらいメールや電話でコミュニケーションする」ほど親密だが、どこかわきまえた緊張感を保っている。家業を継ぐことを強制しない方針から生まれた距離感か。逆にそこに、彼らが長きにわたりファミリービジネスを継承し、成功し続けている秘密があるのかもしれない。

 「ダイヤモンドは特別な石、幸せの象徴です。原石を見極め、カットや研磨の技術、美しいデザイン、すべてを完璧にして世に送り出さなくてはなりません」。

本社のアトリエには昔ながらの道具と最新機器が共存している。研磨のための機械で、繊細な作業に従事する職人の目は常に真剣だ。


こちらも研磨にまつわる道具。

 こう話すエドワードが見せてくれたダイヤモンドの原石は、そこにあるだけでただ逞しく、美しい。またカットされたばかりのダイヤモンドや、研磨中のダイヤモンドも、華やかなエンゲージリングとは異なる魅惑のオーラを放っている。原石が親だとすれば、リングは子どもや孫であり、ダイヤモンドはまるで一族の系譜のようではないか。

 ダイヤモンドの聖地、アムステルダムで生まれた家族の絆のダイヤモンドは、今からさらに未来へと、継がれてゆく。

運河の街、アムステルダムの優雅な風景。400年以上も前から“ダイヤモンドの聖地”としてもてはやされた。

約700万本の花が咲き乱れる、アムステルダム近郊のキューケンホフ公園にて。

CREA WEBからの転載


STORES

店舗情報

  • 銀座本店
    福岡天神店
  • 地域を選択してください。
    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 山形県
    • 福島県
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 長野県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 和歌山県
    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
    • 福岡県
    • 熊本県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県

    検索

お気に入りリストに商品を追加しました お気に入りリストから商品を削除しました

お気に入りリストを見る