ROYAL ASSCHERBRAND STORY

歴史と功績に称えられた
ロイヤル・アッシャーの軌跡

PLAY

ロイヤル・アッシャー社は、1854年オランダ・アムステルダムにて創業し、
ダイヤモンドの名門ジュエラーとして確固たる地位を築いてきました。
白く高貴な輝きを放つロイヤル・アッシャーのダイヤモンドは、
創業当初から現在に至るまで、世界各国から称賛を集め続けています。

bg_about

BRAND STORY#01

TITLE OF ROYAL

「ロイヤル」の称号を授けられた
ダイヤモンドの名門ジュエラー

1854年にオランダ、アムステルダムで創業したロイヤル・アッシャー。世界史上最大、3,106ctのダイヤモンド原石「カリナン」のカットや革新的なダイヤモンドカットの開発など、歴史に残る数々の偉業を成し遂げました。長年の功績と信頼が称えられ、1980年と2011年の二度に亘り、オランダ王室から「ロイヤル」の称号を授けられました。それは、ダイヤモンド業界の最高峰に立ったことを意味し、まさにその時から、ダイヤモンドの名門ジュエラーとして世界各国から賞賛を集め続けているのです。

ブランドストーリー

BRAND STORY#02

THE GOLDEN BOOK

由緒ある歴史を物語る来賓者名簿

18世紀頃からダイヤモンドの流通が盛んになり、“ダイヤモンドの街”として知られるアムステルダム。
オランダ、アムステルダムで創業し、今も本社のあるロイヤル・アッシャー社には国賓の視察先として
多くのVIPが訪れます。その証として大切に保管されているのが
来賓者名簿「ゴールデンブック」。
中には世界各国の王室や首脳など名だたる国賓が署名を連ねています。ロイヤル・アッシャー社が刻んできた歴史の重みを物語る輝かしい記録でもあります。

BRAND STORY#03

INHERITANCE

連綿と受け継がれるダイヤモンドへの情熱

ロイヤル・アッシャー社は創業以来、ダイヤモンドが持つ最大の輝きを導き出すため、
一世紀以上もの歳月をかけて飽くなき研究と開発を積み重ねてきました。
一般のジュエリーに多く見られる「アッシャー・カット」や「トリリアント・カット」の原型は
ロイヤル・アッシャー社が開発したもの。貴重なダイヤモンドの原石にカットや研磨を施し、
唯一無二の宝飾品として輝かせる「ダイヤモンドのスペシャリスト」の信念は、
ダイヤモンドの歴史とともに歩み、そしてその歴史を塗り替えていくのです。

bg_dc

BRAND STORY#04

DIAMOND CUTTER

唯一無二の輝きを生むカットへのこだわり

Course of historyarrow

  • line_dc01
    トリリアント・
    カット
  • line_dc02.svg
    アッシャー・
    カット
  • line_dc03
    ロイヤル・アッシャー・
    カット
  • line_dc04
    ロイヤル・アッシャー・
    ブリリアントカット
  • ロイヤル・アッシャー・カット

    1902年にジョセフ・アッシャーによって開発された「アッシャー・カット」は、革新的な『スクエアカット』として、他社が追随するほどの模範的カットとして知られています。その後、ダイヤモンドが持つ最大限の輝きを導き出すという信念のもと研究と改良を積み重ね、2000年に新しく開発された「ロイヤル・アッシャー・カット」はステップカットの特徴である上品で透明感のある輝きに加え、戻ってくる光の総量がさらに多くなるよう考案されました。ブランドのレジェンドを象徴する「カリナンⅠ世」、「カリナンⅡ世」と同等の数、合計74面のファセットを有する「ロイヤル・アッシャー・カット」は、強い輝きと精緻な光の美しさ、シャープなフォルムが特徴であり、ロイヤル・アッシャー社だけが生み出すことが出来るオリジナルカットになります。

  • ロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット

    2013年、5代目エドワード・アッシャーと6代目マイク・アッシャー親子は、74面体からなる理想的なラウンドブリリアントカットの研究を始めました。伝統的な58面体のラウンドブリリアントカットのガードルに近い場所に、新たに16面のファセットを加えることで、2015年に、より強いブリリアンス(白い輝き)と、ガードル付近からは、より強いシンチレーション(きらめき)を生み出すことに成功しました。
    アッシャー・ファミリーにとって、カリナンⅠ世、Ⅱ世と所縁のある74面体へのこだわりは、伝統的な優雅さとモダンで美しい輝きのハーモニーを兼ね備えた新しい輝きを放つダイヤモンドジュエリーを可能にしました。

BRAND STORY#05

FAMILY BOND

オランダ発、絆のダイヤモンド

創業以来、直系のファミリーによって育まれてきた「ロイヤル・アッシャー」。
オランダを代表するダイヤモンドの名門ジュエラーは現在、5代目エドワード・アッシャーと6代目にあたる
息子のマイク・アッシャー、娘のリタ・アッシャーに受け継がれ、栄誉ある歴史を刻み続けています。
ダイヤモンドの輝きに情熱を捧げてきたアッシャー・ファミリーの長きに亘る時間は、
私たちが語り継ぐべき「絆」の物語です。
無限に広がる光の波、奇跡のような白く高貴な輝きには、先代たちが築いてきた
“名声を絶やすまい”という一族の思いが込められています。

5代目エドワード・アッシャー、息子のマイク・アッシャー、娘のリタ・アッシャー
  • sign_mike
  • sign_asscher
  • sign_lita